総合防災設備・消防防災用品のサンワ
防火管理者
   防火管理者の仕事

はじめての方には、なかなか理解するのに時間のかかる消防設備点検。ホームページ上では、なるべくわかりやすいようにイラストで解説してあります。ご不明な点やご質問などございましたら、いつでもお気軽にお問い合わせください。


防火管理者の仕事
消防計画を作成し、それに基づき定期的な消火、通報、避難訓練を実施します。また、消防設備の維持・管理を行い、各種届出等を消防署へ提出します。火災発生の防止と被害を最小限に留めるよう努めましょう。

1.)消防計画の作成
消防計画には、「小規模」「中規模」「大規模」「共同住宅用」の4種類があるため、それらに合わせて消防計画を作成しましょう。どの種類に適合するかわからない方は、下記メニューバーより判断することができます。
2.)消火、通報、避難訓練の実施
1.消防署へ連絡し、「自衛消防訓練通知書」を提出します。
2.責任者、補助係りを決め、実際に消防訓練を行います。

人の出入りの多い建物では、年に2回以上の避難訓練、消火訓練を実施します。(消火訓練では、年に1回以上放水訓練を行います。)

3.)設備、施設に関する点検・整備
消防設備士に依頼し、定期的な点検・整備を行います。点検後には「点検報告書」を消防署へ提出します。

4.)火気の使用又は取り扱いに関する監督
「火のない所に煙りは立たず」厨房のある建物や喫煙が可能な建物などは得に注意が必要です。火気の使用〜始末に至るまで、責任者としてみんなが思わずミスしてしまうことをしっかり管理・監督しましょう!

5.)避難又は防火上必要な構造及び設備の維持管理
被害を最小限に留めるために、避難するために適切な構造および設備等をしっかりした消防設備会社に依頼し、維持管理を行いましょう。

6.)収容人員の管理
人命の安全、避難活動を迅速かつ適確に行うために、建物に勤務し居住する人数および訪問者の人数を把握して置く事は非常に大切です。管理者として収容人員を把握しておきましょう。

7.)消防設備に関する工事を行った場合の届け出
工事を行った建物は、「工事完了の届出」を消防署へ提出します。また、検査が必要な建物は「工事完了の届出」を4日以内に提出し、検査を受けます。消防用設備等設置届出書、消防用設備等試験結果報告書、消防用設備等に関する図書を提出します。


お見積り、お問い合わせはお気軽にどうぞ
点検についてご不明な点やご質問がございましたら、いつでもお気軽にお問い合わせください!!